お昼休みを利用して「Gallery Pop-up Tokyo」に行ってきた (2015/11/6)

皆さん、こんにちは。中の人1号こと、やぎさわです。

今回は、おしゃれタウン表参道で開催されている「Autodesk Gallery Pop-up Tokyo」(会場:BA-TSU ART、期間:2015年11月8日まで)の1Fフロア展示の様子をご紹介します。

Gallery Pop-up Tokyo

オシャレな人しか歩いていない表参道に、おなじみ(!?)オートデスクのロゴが!!

関連記事:最新モノづくりの“ストーリー”を体感できる「Autodesk Gallery Pop-up Tokyo」

先にお話ししますと、2Fはワークショップやイベントなどが開催されるスペースになっているのですが、ちょうどワタシが遊びに行った時間帯が「準備中」とのことでのぞくことができませんでした~(残念!)。

1Fフロアですが、屋内・屋外にオートデスクの3Dツールなどを活用して作られた製品の数々が、アート作品のように美しく展示されています。一体どんなモノがあるのか、幾つかピックアップしてざーっと写真でご紹介したいと思います。

まずは屋外から見ていきましょう。

Gallery Pop-up Tokyo

屋外スペースには、トヨタ自動車のパーソナルモビリティ「i-ROAD」が展示されています。フロントのパネルは取り外しが可能で、Rinkakによるカスタマイズパーツも展示されています。

Gallery Pop-up Tokyo

日本の折りがみをヒントに作られたカヤック「Oru Kayak」。広げた状態のものと、折り畳まれた状態のものが展示されています。これなら普通の乗用車でも楽に運べそうです!

そして、屋内です。

Gallery Pop-up Tokyo

MIT出身のユニット「Nervous System」による3Dプリンタ製ドレス。複数のパーツを組み合わせて作られたドレスは、くしゃりと丸めた状態にして一度で3Dプリント。こりゃスゴイ!!

Gallery Pop-up Tokyo

SNSにアップされた写真を筆絵で再現してしまうロボットアーム「day2day」。何とも味のある絵を黙々と描いていました。

Gallery Pop-up Tokyo

こちらは、皆さんも良くご存じのexiiiの筋電義手「handiii」の試作機。こうした試作を経て製品化まで実現していったのですね~。

Gallery Pop-up Tokyo

アスリートのポテンシャルの拡張という壮大なチャレンジに向け、体の動きを解析しながら新製品の開発に取り組むナイキの展示。

Gallery Pop-up Tokyo

ガーデニング用IoTデバイス「Edyn」の展示。光、温度・湿度、土の中の水分や栄養分の状態を計測できるそうです。そちらの試作プロセスについての展示がありました!

Gallery Pop-up Tokyo

環境に優しい低燃料コンロとそのカットモデル。調理中の熱を利用して発電を行い、筺体外部にあるUSBポートから携帯電話などを充電できる機能を備えています。

Gallery Pop-up Tokyo

最後は、設計についての条件を入力するだけで、コンピュータが自動的に演算を行い、設計代替案を自動で作成してしまうという「ジェネレーティブデザイン」の事例(熱交換器)をご紹介。ジェネレーティブデザインの機能は「Within」というソフトウェアに組み込まれているそうで、例えば人間が設計するよりも有機的なデザインで、かつ剛性と軽量化を両立できるような造形(3Dプリント)が可能になるそうです。

他にもたくさん面白い展示があるので、表参道にお越しの際は立ち寄ってみてもよいかと思います。11月8日までなので、この週末がラストチャンスですよ!

 

>>「モデラボBLOG インデックス」へ