Imagilis

KEI のプロフィール写真

・作品名:Imagilis
由来:素早い、機敏なという意味を持つ「Agilis」と、イメージ「Imago」という二つのラテン語を組み合わせた造語。私の中の素早い、機敏なイメージをカーモデルに落とし込み、制作したことから。

・制作に至るまで
今になり私は、カーデザインの道を目指す一人として、様々な車製品に興味を持つようになりました。その中でも最近はミニ四駆に強い関心があります。それは、自動車と同じように用件を守ってデザインしないとならないということです。今回、デザインの勉強をしていることから、「せっかくだし、自分の作りたいデザインのミニ四駆を作ろう」という思いになりました。

・制作テーマ:「ミニ四駆らしくないミニ四駆」
このモデルの制作は、ミニ四駆であると同時に、ミニ四駆ではないものに見せるように制作しました。従来のミニ四駆ではあまりない、有機的な線や面を利用することで、一台の車として純粋に「カッコいい」と思えるようなデザインを目指しました。

今回のデザインは「純粋に作りたい形の追求」という観点で行いました。
全体的に流れる優美なライン、面。抑揚に強弱をつけることで、メリハリの強いモデルにしました。また、ボディーを「フロントからキャビンまわり」と「サイドシルまわりからリアウイング」の2ピースに分けることで、「3Dプリント」という制作方法を生かすことができました。

・モデルについて
このモデルはデザインを表現したいモデルだったため、当初は単色塗装によるシンプルなものと予定していました。しかし、せっかくのミニ四駆制作ということで、よりレーシーなイメージを強調すべく、ストライプなどのデカール(既製品)を貼り付けています。

塗装色:タミヤ TS-95「ピュアメタリックレッド」

注意:このモデルをプリントする場合、ミニ四駆のシャシーにはまらない、また、はめづらい可能性があります。またタイヤなどの一部パーツが干渉する恐れが御座います。予めご了承ください。
(今回のサムネイルになっているモデルは、一部カットしたり接着したりなどの加工がされています。)

商用利用:不許可

投稿日:2016年2月27日

» この作品にコメントする

利用ツール

・デジタルモデル
利用ツール:Autodesk AliasAutomotive 2014
使用期間:約2年

・プリントモデル
プリント素材:アクリル樹脂
外注企業様:DMM.make

上記ソフトを利用し、モデルを制作。ポリゴン化し、STL出力したものをnetfabbで穴埋め作業を行う。3Dプリントを利用して出力したものを、微調整や表面仕上げなどを行い、塗装+デカールまで行った。

コメント一覧

  1. うわ~~!カッコ良い!!
    個人的にはフロントのシャープなエッジがツボです。
    カラーリングも秀逸ですね!

    • KEI の発言 (2016年3月1日)

      ありがとうございます!フロントは風を切れるようなイメージで制作したので、非常にシャープになってます。
      カラーリングは人の目につくような派手なカラーリングを目指しました!

  2. ウィングから、リアのホイール周りへ自然につながり、さらにサイド下に流れる流線形がかっこいいですね!

    • KEI の発言 (2016年2月28日)

      ありがとうございます!なかなか悩みながらの造形で大変だったのですが、かっこいいと言っていただけてとても嬉しいです!

作品のダウンロード/お気に入りに追加/コメントをするには、
新規登録 または ログインが必要です。